スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の朝礼

【朝日新聞より】
鹿児島県奄美大島の記録的な豪雨は、島の生態系にも被害を及ぼしている。島だけに分布する固有植物ヒメミヤマコナスビが濁流や流失した土砂で根こそぎ削り取られ、絶滅したおそれがある。アマミノクロウサギの巣も埋まった。沖合いのサンゴも泥が積もり、一時は死滅していた。台風や豪雨に耐えてきた奄美の自然も今回の集中豪雨は想定外。世界自然遺産の候補地が受けたダメージは小さくない。
被害が最も大きかった奄美市住用町。中流の岸辺でしか確認されていないヒメミヤマコナスビは岸ごと濁流でえぐり取られ、全滅した。奄美大島の固有種で、近い将来、絶滅のおそれが高いとして、環境省が絶滅危惧1A類に分類している。
全長17キロの住用川は奄美最長の川。リュウキュウアユ(絶滅危惧1A類)がすみ、岸辺の岩にはランの仲間や、幻の花とも言われるアマミスミレ(同)が着生している。河畔にはアマミノクロウサギ(絶滅危惧1B類)やイシカワガエル(同)なども生息し、島の中でも「希少種の宝庫」ち言われるエリアだ。
同省の自然環境公園指導員で自然写真家の常田守さんは「渓流の植物はズタズタだろう。着生しているいわが流され、ひっくり返っているので、アマミスミレなども残っている確立は低い」と声を落とす。
龍郷町の環境教育推進指導員、前園さんは災害後林道や滝を回ったが「林道という林道が崩落していた」。斜面に土を掘ったアマミノクロウサギの巣は、確認できただけで4、5ヶ所が消えていたという。豪雨前は島内に2千~4800匹が生息していたとみられる。前園さんは「土砂崩れなどで、すみかを奪われたり生き埋めになったりしたクロウサギも多そうだ。ただでさえ絶滅のおそれがある種は、更に絶滅の度合い高まった可能性がある。」と心配する。

自然の被害は住用町や周辺に集中し、今のところ、他地域で目立った被害は確認されていない。ただ、林道が土砂崩れで通れないため、自然保護関係者による被害調査は難航。東大医科学研究所・奄美研究施設の服部正策・准教授は「島の南部や北中部は大丈夫だったが、中南部の住用は、きちんと調査するには時間がかかりそうだ」と話す。
同市住用町の和瀬海岸は、陸から流れ込んだ土砂で茶色に染まった。写真家で奄美のサンゴを長年観察する興克樹さんが先月24日に潜って調べたところ、沖合50~100メートルの海でも、ほとんど前が見えないほど濁っていた。
海底のサンゴは厚さ10~20センチの泥で覆われ、泥を取り除くと、白くなって死んでいる部分も多く見られたという。サンゴは動物で、泥に覆われると、酸欠状態で死滅する。日光も遮られるため、共生する植物プランクトンの褐虫藻が光合成できず、そこから栄養をもらえずに死滅するという。

ただ、豪雨後の台風で海水がうねり、今月2日に潜ると、かなりの泥が洗われていた。興さんは「危機的な状況は免れたが、まだ海底には多くの泥が堆積していた。海底の生き物に影響が出るかもしれず、今後も注意深く見守る必要がある」と指摘する。
                                              担当・S
プランクトン分析
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー+最終更新日
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

記事一覧
* * *

©Plug-in by ASIA SEASON
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。