スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海産・植プ1

◆プランクトン◆Plankton◆浮遊性物◆
海産植物プランクトン NO.1

どうぞお楽しみ下さい!


 

BioDic collection of links

【1】藍藻植物門
海産のラン藻類は、淡水に比べ種類や数においても少なく、沿岸域でわずかに確認される程度です。別名シアノバクテリアともいわれ、細菌に近い分類ですが、細菌とはことなり、光合成をおこなうことができます。詳細は、淡水植物プランクトンのところに記載しました。
Trichodesmium sp.
Cyanophyta
 Cyanophyceae
  Nostocales
   Oscillatoriaceae
    Trichodesmium sp.

【2】クリプト植物門
海産のクリプト藻類は、淡水域のそれに比べ小型種が多く、通常の光学顕微鏡では属レベルまで確認することはできません。基本的には、2本の等長の鞭毛をもちますが、ホルマリン固定では鞭毛が剥離してしまうことが多く上位分類群で止めざるをおえません!
Cryptophyceae
Cryptophyceae

【3】渦鞭毛植物門
3-1:Dinophyceae
  Prorocentrales(プロロケントルム目)
    Prorocentraceae

2本の鞭毛を渦状に回転させ進む渦鞭毛藻類は、淡水域のものより、海産性の物の方が、種類や数も多く、時に貝毒プランクトンとして、大量発生し養殖業に多大な影響を及ぼすことで知られている。
Prorocentrum compressum
Prorocentrum compressum
Prorocentrum micans
Prorocentrum micans
本種は、Prorocentrum属のなかでは日本沿岸で最も普通に見られるが、その細胞数は多くない。
Prorocentrum minimum
Prorocentrum minimum
本種は、時に宍道湖・中海で大量に増殖し、赤潮を形成する。
Prorocentrum sigmoides
Prorocentrum sigmoides

3-2:Dinophysiales(ディノフィシス目)
    Dinophysiaceae

Dinophysis acuminata
Dinophysis acuminata

Dinophysis caudata
Dinophysis caudata

dinophysis sp
Dinophysis sp.

Ornithocercus serratus;Ornithocercus serratus2
Ornithocercus serratus
本州は、対馬海流でごくわずか確認される程度で、太平洋側や近海域ではまず見られない希少種です。冷水期に発生する。

Amphisoleniaceae
Amphisolenia bidentata
Amphisolenia bidentata

Oxyphysis oxytoxoides
Oxyphysis oxytoxoides
本種は特徴的な形態ですが、日本沿岸域に普通に見られる種類です。

3-3:Gymnodiniales(ギムノディニウム目
   Gymnodiniaceae

ギムノディニウム目は、殻をもたない無殻類として、分類され、時に大量発生すると赤潮の原因藻類となります。
Gyrodinium sp
Gyrodinium sp.

Gymnodiniales
Gymnodiniales
細胞サイズが小さいため、ギムノディニウム目として分類上位で止めています。

3-4:Noctilucales(ノクチルカ目)
     Noctilucaceae

noctiluca scintillans
Noctiluca scintillans
一般に夜光虫と呼ばれ、梅雨あと海水の塩分濃度が薄くなり、水温上昇の初夏に太平洋では大量に発生し、例年相模湾では赤潮状態となります。過去には、動物プランクトンとして扱われておりましたが現在は渦鞭毛藻類として扱われたため、動物名(milialis)と植物名(scintillans)があり、シノニム扱いされています。
その発光ははかなく、動物のウミホタル(介虫類)の発光を青白色とすると、夜光虫は、緑色光といえましょう。

3-5:Pyrocystales(ピロキスタ目)
    Pyrocystales

dissodinium lunula
Dissodinium lunula

3-6:Peridiniales(ペリディニウム目)
     Gonyaulacaceae
       Gonyaulacaceae

前述のギムノディニウム目に固い殻をつけたのがこのペリディニウム目です。空の形や枚数でぶるんします。貝毒プランクトンの代表的存在の仲間です。
Alexandrium sp1;Alexandrium sp2
Alexandrium sp.

Gonyaulax sp
Gonyaulax sp.
横溝に段差があるのが特徴です。

Peridineaceae
Heterocapsa sp
Heterocapsa sp.

Peridinium quinquecorne
Peridinium quinquecorne

Protoperidinium bipes
Protoperidinium bipes

Protoperidinium depressum
Protoperidinium depressum

Protoperidinium oblongumprotoperidinium oblongum03
Protoperidinium oblongum

Protoperidinium pellucidum
Protoperidinium pellucidum

Calciodinellaceae
Scrippsiella sp
Scrippsiella sp.

Ceratiaceae
Ceratium candelabrum1;Ceratium candelabrum2
Ceratium candelabrum

Ceratium furca1;Ceratium furca2
Ceratium furca
本種は、ケラチウム属の中では、、特に内湾におていは次の”fusus”とともにしばしば出現し、赤潮の原因となります。

Ceratium fusus1ceratium fusus2
Ceratium fusus

Ceratium gravidum2
Ceratium gravidum

Ceratium kofoidii1;Ceratium kofoidii2
Ceratium kofoidii

Ceratium macroceros
Ceratium macroceros

Ceratium palmatum1;Ceratium palmatum2
Ceratium palmatum
本種は、対馬海流域で時々出現する。一対の両腕の先が掌のように枝分かれしており、大変特徴的である。浮遊のためか、何かをつかむために発達したのか?

ceratium praelongum
Ceratium praelongum

ceratium tripos
Ceratium tripos

Oxytoxum sp
Oxytoxum sp.

【4】不等毛植物門Chrysophyceae
黄金色藻綱Chrysophyceae
  Pedinellales
    Pedinellaceae

Apedinella spinifera
Apedinella spinifera

Dictyochales
  Dictyochaceae

Dictyocha fibula
Dictyocha fibula

Distephanus speculum;distephanus speculum2
Distephanus speculum

Ebria tripartita1;ebria tripartita2
Ebria tripartita


Chattonella sp.
Heterosigma sp.


END

海産植物プランクトン No.2

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

記事一覧
* * *

©Plug-in by ASIA SEASON
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。