スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の朝礼

【朝日新聞WEB】より「スズメなぜ消えた 英国で9割減」

英国中の街中をにぎわせていたスズメが、すっかり姿を消した。ロンドンではイエスズメがこの5年で半減、英国全体でスズメは過去25年で9割も減った。地球温暖化、伝染病からチェルノブイリ原発事故の影響まで諸説が飛び交うが、原因はナゾ。「人里を好むスズメが消えたのは、人間にとってもよくない環境変化が進んでいる気候」と、英政府が原因究明に乗り出した。

「東京新聞」でも現在日本に生息するスズメの個体数は1800万羽ほどで、1960年代に比べ10分の1ほどに激減していると環境省が発表しました。立教大理学部の研究によると、20年前の比較でも最大80%減、少なく見積もっても半減しているとの調査結果が出ており、環境省では4月よろ国民に呼び掛けてスズメの目撃情報を収集する予定とのことです。
農家にとっては実った稲のモミ米を食べてしまうスズメですが、春は害虫や雑草の種を食べてくれる益獣の役目も果してくれるため、持ちつ持たれつつの関係にあるようです。

現段階では心配するような個体数では無いと思われますが、減りだすと絶滅へと転げ落ちていくそうなので、早期の原因究明を待ちたいところです。
                                          担当・Y
プランクトン分析
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

記事一覧
* * *

©Plug-in by ASIA SEASON
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。