スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の朝礼

「諫早湾環境アセス来春から」
農林水産省は、国営諫早湾干拓事業(長崎県諌早市)の潮受け堤防排水門の開門調査について、手法を探るための環境影響評価(環境アセスメント)を2010年春頃に始め、中間報告となる準備書を11年春頃にまとめる方針を決めた。
山田正彦農林水産副大臣が記者会見で明らかにした。開門調査をした場合に海水が調整池に入る問題についても「環境アセスメント」の中で、代替用水を検討する」と述べた。調整池の水は干拓地の農家が農業用水として利用しており、海水が入った場合の影響を懸念する声が出ている。検討結果は準備書に盛り込むという。
九州農政局は現在、環境影響評価の具体的な方法について、長崎や佐賀など有明海沿岸4県の知事に意見を求めており、12月末までに取りまとめる。             担当・T



プランクトン 分析
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー+最終更新日
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

記事一覧
* * *

©Plug-in by ASIA SEASON
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。